企業再生、民事再生、企業破産、会社分割などを弁護士が解決!片山総合法律事務所

法的再生

 

倒産とは


法律上は中小企業倒産防止共済法(中小企業倒産防止共済法第2条第2項)に、
「倒産」の定義について以下のようにされています。

1.破産手続開始、再生手続開始、更生手続開始又は特別清算開始の
申立てがなされること


2.手形交換所において、その手形交換所で手形交換を行っている
金融機関が金融取引を停止する原因となる事実についての公表が
これらの金融機関に対してなされること


簡単に言うと倒産は
「会社更生法」「民事再生法」「破産法」「特別清算」を申請すること、
もしくは手形・小切手が2回目の不渡りを出して銀行取引停止処分を
受けることを言います。

双方は厳密には異なりますが、一般的には同一視されることが多くあります。

「倒産」は、日常的にも、また法律的にも使用される言葉ですが、
会社の経営状況が破綻するという意味において大差はありません。

しかし、会社が「倒産」するといったことは、会社を潰してたたんでしまうという
選択肢だけではなく、経営の改善計画を練り直し、債務の弁済については
一部免除を受け、弁済期を繰り延べてもらうことによって、
一度破綻した経営状況を再建し、会社を存続させていくという選択肢も存在します。

詳しい内容はこちら

倒産とは

破産法

   

お問い合わせはこちらから!

 


その他のコンテンツについてはコチラ!

弁護士紹介 

ご相談のながれ

弁護士費用

再生事例紹介

事務所概要

企業再生の事例紹介