企業再生、民事再生、企業破産、会社分割などを弁護士が解決!片山総合法律事務所

企業再生の基礎知識


企業再生の流れ


企業再生の流れとしては、大きく以下の8つのステップを踏みます。
企業再生on lineでは、法務面、財務面、税務面、資産・負債状況等、
あらゆる角度より法人を分析し、再生スキームの障害となりえる点を洗い出し、
想定・対策方法を検討します。

そのため、具体分析に必要な詳細資料の提出をお願いしております。
ご了承下さい。


ステップ1:ヒヤリング・簡易分析

経営分析に必要な情報の収集、現地視察による経営環境の把握を行います。

ステップ2:現状詳細・診断

簡易分析をおこなった資料に基づき、再生プロジェクトチーム(各種専門家)での詳細分析を行い、法務面、財務面、税務面、資産・負債面での各種デューデリジェンスを行います。

ステップ3:再生計画の策定

何をいつまでにどのような状態に持っていくのかを設定し、具体的な戦略の策定を行います。

ステップ4:ソフト再生

キャッシュアウトからの脱却を行います。主に以下のものを検討し、CF改善に注力します。
1.金融機関への支払い条件変更(リスケジュール)
2.経費等支払い条件変更
3.販売管理費の見直し
4.不採算事業の見直し、撤退
5.金融機関の新規融資開拓

ステップ5:収益体質確立対応

BS・PL改善、経営継続を可能にする企業再生計画を立案し、スキームに伴い、財務リストラチャリング、資産のオフバランス化を行い、現実性を確認します。これにより、従来の会社をそのまま生かして改善するか、新しい型の会社を設立するかの決定がなされます。
1.再生計画の策定 (事業譲渡、会社分割、M&A)
2.収益構造の抜本的見直し、策定
3.儲けられる企業形態の策定
4.新体制での財務、業務計画の策定

ステップ6:減算企業体質つくり

会社運営体系の整備とその維持活動を行います。つまり、これは、意識改革・人材育成・など次代に向けての活動です。
1.組織的運営策の構築
2.情報共有体制
3.業務ルールと社内規定の整備
4.ガバナンス強化
5.健全な財務管理体制

ステップ7:債務整理等

債権者との抵当権抹消交渉、債務圧縮・免除交渉を行います。負債部分を債権者と折衝し、抵当権抹消交渉・債務圧縮・免除交渉の法的・私的整理行います。

ステップ8:改革後の支援フォロー

実行後の運営管理、新体制での経営支援
再生実行後の運営管理・新体制での経営支援を行います。
以下のようなステップであなたの企業の再生の実現性を一緒に探し、導いてきます。

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しい内容はこちら

企業再生の流れ

企業再生の種類

企業再生のメリット


お問い合わせはこちらから!

 


その他のコンテンツについてはコチラ!

弁護士紹介 

ご相談のながれ

弁護士費用

再生事例紹介

事務所概要

企業再生の事例紹介