企業再生、民事再生、企業破産、会社分割などを弁護士が解決!片山総合法律事務所

企業再生の基礎知識

 

企業再生のメリット


企業再生の基本的なメリットは、会社を破産させてしまうよりも何とか
存続させたほうが、従業員・株主・債権者・取引先のためになるというものです。

企業再生のメリット


 

1.会社にとってのメリット

最大のメリットは、会社のメリットであり、何といっても従業員の雇用、
そして生活を守れることにあります。
雇用を守ることは、消費などを通じて地域経済の発展にも貢献します。
ただ、一般的な再生の過程で一部の役員・社員の早期退職を促さざるを
得ない場面もありますが、破産のように従業員のほぼ全員を退職に追い込む
事態を避けるためのギリギリの選択であることが多いのも事実です。
しかし、企業再生がうまくいけば、将来性のある事業や技術を根絶やしにせずに
済む点は、会社の繁栄に繋がるだけではなく、経済全体にとっても大きなメリットと
なります。

2.株主にとってのメリット

 債務超過となっている会社の株式の価値は、限りなくゼロに近付きます。
しかし、再生がうまくいけば、株式価値は大きく回復し、
配当を株主はもらえるようになるかもしれません。
また、株式上場やM&Aなどによって、キャピタル・ゲインが得られる
ケースもあります。

3.債権者にとってのメリット

 債権者にも企業再生は利益をもたらします。
資産処分による回収だけでなく、その後の事業活動からの回収が見込めるため、一般的に債権者にとっても破産よりも再生の方が債権回収額が多くなります。
また、銀行の財務体質の改善、収益力の強化にもつながります。

4.取引先にとってのメリット

 取引先としても私的整理であれば納入代金の回収を図れ、
そして今後も納入先がなくならないという点で、大きなメリットがあります。
民事再生手続などの法的整理手続のもとでは、仕入先が有している売掛金も
債権放棄の対象となり、その大半が一律にカットされてしまうこともありますが、
その後の継続取引によって利益を上げることができるというメリットがあります。

詳しい内容はこちら

企業再生の流れ

企業再生の種類

企業再生のメリット


お問い合わせはこちらから!

 


その他のコンテンツについてはコチラ!

弁護士紹介 

ご相談のながれ

弁護士費用

再生事例紹介

事務所概要

企業再生の事例紹介